JR東:社長の報酬カットなど関係者を処分-水利権取消問題で(2)

(背景などの情報を追加しました)

【記者:浅井 秀樹】

3月11日(ブルームバーグ):東日本旅客鉄道(JR東日本)は11 日、信濃川発電所(新潟県)の取水をめぐる河川法違反で占用許可取り 消しなどの行政処分を受けて、社長の月額報酬50%を3カ月カットす るなど経営陣や担当責任者の処分を発表した。

国土交通省北陸地方整備局は2月13日、JR東日本に対し、信濃川 発電所の取水をめぐり河川法違反があったとして、水利権の取り消し処 分などに向け、必要な手続きを開始したと発表。JR東日本の信濃川発 電所の取水をめぐっては、①許可された最大量を超える取水②最低放流 するべき維持流量が不足③取水量などで不正な表示・記録-などがあっ たという。JR東日本は3月10日、行政処分を受けたことを明らかに した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE