香港株(午前):続伸-銀行株が高い、米シティ業績見通しを好感

午前の香港株式相場は続伸。銀 行株が上昇を主導している。米シティグループが、今年1-3月(第 1四半期)の業績がこれまでのところ2007年以降で最も良いと表明 し、世界の金融システムが回復に向かっているとの観測が広がった。

欧州最大の銀行、HSBCホールディングス(5 HK)は6%高。 傘下の恒生銀行(ハンセン銀行、11 HK)も5.7%上昇した。中国建 設省が経営関与するデベロッパー、中国海外発展(688 HK)は5.8% 高。中国国家統計局が発表した固定資産投資の大幅増加を好感した。

三菱UFJインベストメント・サービスのシニア・ファンドアド バイザー、冨田道也氏は、米国市場が香港株の短期的な支えになろう と予想。上昇トレンドに乗ったかはまだ分からないとしながらも、本 格的な回復局面には入ることはないだろうとの見方を示した。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比340.72ポイント(2.9%)高の12034.77。ハンセン中国企業 株(H株)指数は同2.3%高の7039.59。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE