豪ドルとNZドルが上昇幅縮小-中国の輸出の過去最大の落ち込みで

11日の外国為替市場では、オー ストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルが1週間ぶりの高 値を付けた後、上げ幅を縮小している。中国の2月の貿易黒字が急減 し、輸出は過去最大の落ち込みを記録したのを受け、豪州とNZの一 次産品需要が減少するとの懸念が強まった。

世界的な株高や豪州の住宅ローン承認件数の増加、NZの住宅販 売が1年ぶりの高水準に達したのを受け、両国の通貨は一時、米ドル と円に対して1週間ぶりの高値を付けていた。一次産品は両国の輸出 の半分以上を占める。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア通貨ストラテジスト、ス ー・トリン氏は、「特に中国の輸出統計など、弱い経済指標を受けて 市場は動揺した」と述べ、「こうした売りは短期的には若干行き過ぎ であり、豪ドルは1豪ドル=0.6450米ドルに戻るだろう」と予想し た。

豪ドルはシドニー時間午後3時29分(日本時間同1時29分)現 在、前日比0.3%高の0.6421米ドル。一時は0.6492米ドルと、今月 5日以来の高値を付けた。前日のアジア市場では0.6406米ドルだっ た。対円では前日比0.2%高の1豪ドル=63円20銭。

NZドルは、前日比0.4%高の1NZドル=0.50米ドル(アジア 時間前日は0.4983米ドル)。一時は1週間ぶり高値の0.5062米ド ルを付けた。対円相場は1NZドル=49円21銭(前日49円06銭)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE