米メリル賞与問題:持ち高の評価額下げとの関連性をNY州調査-FT

英紙フィナンシャル・タイムズの 報道によれば、昨年、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(BOA)に買 収される直前に米証券大手メリルリンチの一部従業員が賞与を支給され た問題で、ニューヨーク州検察当局は、この前倒し支給によってメリル のトレーダーが新年入り直前にポジション(持ち高)の評価額を引き下 げたかどうかを調査している。同調査に詳しい関係者の話として報じた。

ニューヨーク州のクオモ司法長官は、賞与の前倒し支給が原因で、 トレーダーらが翌年に利益を出しやすくするため持ち高の評価額を下げ たかどうかを調べているという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Mccombs at +81-3-3201-8861 or dmccombs@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE