世界のヘッジファンド:2月は株安でも健闘、流出に歯止め-ユーレカ

シンガポールの調査会社ユーレカヘ ッジによると、2月のユーレカヘッジ・ヘッジファンド指数(速報値) は、S&P500種株価平均が11%下落するなど世界的な株安の中、同

0.5%の下落にとどまった。同時に発表した同月の資金流出額は前月より 63%減って110億ドル(1兆850億円)にとどまった。

ヘッジファンド指数は、地域別では北米指数が前月比0.9%下落、 欧州指数は同0.7%下落した。ぜい弱な経済と景気後退圧力が高まる中 で株価が急落したことが要因となった。アジア指数は同0.7%下落。景 気悪化を裏付ける経済指標が発表され、日本指数が株価下落と急激な円 安進行で2.1%下落したのが足を引っ張った。

東欧・ロシア指数は金融不安と株価下落を背景に1.1%下落。ラテ ンアメリカ指数は、同地域の通貨が対米ドルで弱くなった機会を捉え

0.7%上昇した。

戦略別では、CB(転換社債)の裁定取引のスプレッド(金利上乗 せ幅)が縮まりアービトラージ指数が1%上昇した。また、株式をショ ート(売り持ち)し、有望な通貨とコモディティーなどに投資したマク ロ戦略が0.8%、マルチ戦略が0.5%それぞれ上昇した。その他の戦略は 高い変動率と償還圧力が続き0.5%-1.8%下落した。

-- Editors: Kazu Hirano, Takashi Ueno

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 小巻 Komaki Ito +813-3201-8871 kito@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Andreea Papuc +852-2977-6641 apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE