短期市場:翌日物は0.09-0.11%付近、積み最終日のレポも低位安定

短期金融市場の無担保コール翌 日物は0.09-0.11%で取引されている。大方の銀行は準備預金の積 み上げが進んでおり、調達需要は限られている。積み最終日となる 13日に受け渡しされるレポ(現金担保付債券貸借)も0.11-0.12% 付近で低位安定している。

翌日物は前日の加重平均0.110%に対して、地方銀行の調達が

0.10-0.11%から始まった。大手銀行の調達は0.09%となっており 一部0.08%の出合いも見られ、日銀の誘導目標0.1%を下回ってい る。

レポは、当日物(T+0)から13日受け渡し分までの取引で、 資金の調達希望が0.10-0.11%、運用希望は0.11-0.13%となって いる。新しい積み期間と短期国債の発行日が重なる16日以降の取引 が午後から始まるため、低位安定が続くか注目されている。

日銀は午前9時30分、スポットネクスト物(3月13日-16 日)の国債買い現先オペを前日と同額の2兆円で通知した。1週間 物(3月13日-23日)も横ばいの1兆円。前日のスポットネクスト 物は3兆5492億円の応札が集まり、平均落札金利は0.107%だった。

日銀は同時に、9回目となるコマーシャルペーパー(CP)の 買い入れ3000億円も通知した。前回6日の買い入れでは応札額が 977億円にとどまり、2回連続の札割れとなっている。

午前9時20分の即日実行の定例金融調節は見送られ、この日の 当座預金は1000億円減の10兆9000億円程度、準備預金(除くゆう ちょ銀)は2000億円増の8兆2000億円程度になる見込み。準備預 金の必要積立額(1日平均)は3兆3100億円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE