米半導体特許侵害訴訟:ハイニックスとラムバスの合意を判事が承認

半導体開発の米ラムバスと韓国ハ イニックス半導体の米特許侵害訴訟で、サンノゼ連邦地裁のロナルド ・ホワイト判事は10日、ハイニックスがラムバスに半導体メモリーの ロイヤルティ(特許使用料)のほか、賠償金3億9700万ドル(約390 億円)とその利息を支払うことを決めた両社の合意を承認した。

合意の条件はラムバスが9日夜に発表した。ホワイト判事は合意 に向けた交渉を両社に命じていた。判事の最終的な判断を受けて、ハ イニックスは控訴することができる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE