【米個別株】シティ、産金株、アップル、TI、ラスベガス・サンズ

10日の米株式市場の主な銘柄は 以下の通り。

金融株:シティグループ(C US)のビクラム・パンディット最高 経営責任者(CEO)は、今年1-3月(第1四半期)の業績が現在の ところ、同行が最後に利益を計上した2007年以降で最良だったとの見 解を示した。金融株の動きに連動する上場投資信託(ETF)のファイ ナンシャル・セレクト・セクターSPDRファンド(XLF US)は15% 高の7.19ドル。

シティグループは38%高の1.45ドル。バンク・オブ・アメリカ (BAC US)は28%高の4.79ドル。JPモルガン・チェース(JPM US)やウェルズ・ファーゴ(WFC US)なども高い。

産金株:ロンドン市場で金相場が続落したのが嫌気され、産金株 が下落した。株価上昇を受けて金は代替投資先としての魅力が薄れると の見方が広がった。ニューモント・マイニング(NEM US)は7.3%安 の35.03ドル。

アップル(AAPL US):6.6%高の88.63ドル。米通信社ダウ・ジ ョーンズによると、アップルはタッチスクリーン方式のノート型パソコ ンを早ければ今年後半に発売する計画。デスクトップ型パソコンの需要 鈍化に対応し、売り上げ増加を目指す。

ボーイング(BA US):6.5%高の33.01ドル。航空機メーカーの ボーイングは、次世代旅客機「787ドリームライナー」の09年4-6 月(第2四半期)の初飛行計画と10年1-3月(第1四半期)の納入 計画を再確認した。

ラスベガス・サンズ(LVS US):17%高の1.66ドル。資産家シ ェルドン・アデルソン氏のカジノ会社ラスベガス・サンズは、2月の客 室使用率が93%となった。アデルソン氏は「急激に悪化してはいな い」との見解を示した。同社株は前日、ウィリアム・ワイドナー社長の 辞任を受けて大幅安を演じていた。

テキサス・インスツルメンツ(TXN US):6.6%高の15.66ドル。 半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ(TI)は、09年1- 3月(第1四半期)の売上高はアナリスト予想に合致するとの見方を示 した。中国で携帯端末向け半導体需要が改善したことが背景。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE