米財務長官:オバマ政権は米経済の立て直しに必要な事を行う

ガイトナー米財務長官は、オバ マ政権が低迷する米経済の立て直しに「必要な事」を行うだろうと語 った。

ガイトナー長官は10日夜放送予定のPBS放送の番組「チャー リー・ローズ・ショー」のインタビューで、銀行が破たんにひんする なか、金融大手の取締役会は引き続き幹部に巨額な賞与を支給するこ とで「事態を悪化させている」と述べた。

同長官はまた、米国の「リセッション(景気後退)は深刻化して いる」が、大統領は危機の解決策を見つけようと懸命に取り組むだろ うと強調。「事態を収拾し、立て直すのがわれわれの義務だ。われわ れは根気よく続けていく」と語った。

またガイトナー長官は、政府は追加救済措置には幹部報酬の制限 など「厳しい条件」を課すとした上で、大手金融機関の支援を確約。 金融機関が企業や消費者への融資の「約束を果たすのに必要な支援と 資源を供給する」と語った。

景気見通しに関してガイトナー長官は、今年7-12月(下期) に米経済は回復し始めると予想。米国債に対する世界の需要は依然と して「非常に大きい」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE