【注目株】東芝、OKI、JFE、マルニチH、ソニー、東宝(2)

11日の材料銘柄は以下の通り。

東芝(6502):11日付の日本経済新聞朝刊は、同社の2010年3 月期の連結営業損益が1000億円の黒字、純損益はゼロになる公算が大 きいと報じた。09年3月期の営業損益は2800億円の赤字を見込むもの の、固定費削減や社会インフラ部門の成長で黒字を確保するとしている。

OKI(6703):2009年3月期の連結業績予想を下方修正。純損失 は480億円(従来予想は330億円)になる見込み。本業の収益悪化に 加え、為替差損や株式評価損が響く。

JFEホールディングス(5411):09年3月期の単体業績予想を下 方修正した。子会社の配当額の見直しにより、純利益は従来計画比750 億円減の1000億円を見込む。前期実績は2912億円。期末配当は20円 と、前期の60円から減配する。一方、連結業績は変更しなかった。

マルハニチロホールディングス(1334):日本経済新聞社と日本経 済新聞デジタルメディアは10日、マルニチHと明治ホールディングス (2269)を日経平均株価の採用銘柄にすると発表した。明治HDは明 治製菓(2202)と明治乳業(2261)が共同で設立する持ち株会社。3 月26日付で明治製菓と明治乳業を除外し、マルニチHを採用。明治H Dは4月2日付で採用される。

ソニー(6758):ソニーの映画・テレビ制作部門のソニー・ピク チャーズエンタテインメントは10日、世界全体の従業員の3.5%を削 減すると発表した。世界的な金融危機で広告やホームビデオ販売などに 悪影響が出ていることが理由。

アマダ(6113):11日付の日経新聞朝刊は、アマダの2010年3 月期の年間配当は今期予想比6円減の10円になりそうだと報じた。コ スト削減を進めているが、主力の板金機械などの販売が落ち込み、来期 の営業損益は大幅に悪化するとみられるという。

オムロン(6645):液晶テレビの売上減少や価格下落で採算が悪化 している大型テレビ用バックライトの開発・製造・販売事業から撤退す るとともに、英国の車載電装機器の生産子会社や滋賀県甲賀市の半導体 工場を閉鎖すると発表した。

東宝(9602):09年2月期に有価証券評価損が約26億円発生した。 連結業績は現在集計中で、確定次第速やかに公表するという。

スタジオアリス(2305):2月の売上高は前年同月比9.4%増の13 億4200万円で、前月の4.3%増から伸び率が高くなった。お宮参り、 誕生日の撮影が順調だったうえ、タレントがデザインした入園入学衣装 を導入したことも奏功した。

JUKI(6440):希望退職者を募集した結果、121人の応募があっ た。特別加算金の支出などにより、09年3月期に3億7000万円の特別 損失が発生する見通し。ただ、役員や従業員の報酬・賃金カットなどを 合わせ、年約25億円の人件費削減につながるとみている。

共和工業所(5971):業績をけん引してきた建設機械向けの製品が予 想以上に落ち込んでいるうえ、自動車関連製品、産業機械製品の受注も 減っており、09年4月期の業績予想を下方修正。単体純利益は従来計 画比61%減の2億2000万円の見通し。前期は11億円だった。

ブックオフコーポレーション(3313):2月の既存店売上高は前年同 月比0.7%増とプラスを確保した。うるう年の影響で前年より1日少な かったものの、1月のキャンペーンで配布した割引券の効果が出た。

アトラス(7866):08年8月-09年1月期の連結純損益は前年同 期の5億円の黒字から21億円の赤字に転落した。業務用ゲーム関連・ アミューズメント施設関連の両事業が苦戦した。09年7月期の連結純 損益予想を1億円の黒字から25億円の赤字に下方修正。前期は6億円。

総合メディカル(4775):薬局関連事業とコンサルティング関連事業 の売上減少などを理由に、09年3月期の業績予想を下方修正。連結営 業利益は前期比20%減の24億円の見通し。従来計画は33億円と増益 を見込んでいた。

パシフィックホールディングス(8902):10日、東京地裁に会社更 生法の適用を申請した。負債総額は1636億円。不動産市況の悪化で前 期(08年11月期)に53億4000万円の債務超過に陥り、海外投資家 からの資金調達もできず、資金繰りに行き詰まった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE