自民議連:政府紙幣・無利子国債の発行を提言-金額は明記せず

自民党の有志議員が景気対策のた めの新たな財源確保の手段を検討する「政府紙幣・無利子国債発行を 検討する議員連盟」は10日、党本部で会合を開いて提言を取りまとめ、 11日に麻生太郎首相を官邸に訪ねて提出することを決めた。同議連の 田村耕太郎会長(参院議員)が記者団に明らかにした。

提言では①政府紙幣の発行②相続税を減免する無利子国債の発行 ③生前贈与を促進する贈与税減税-の3項目を盛り込んだ。このうち 政府紙幣と無利子国債については、発行金額の明記を見送った。贈与 税は現行の10-50%の税率を限度額無制限で一律10%にすべきだと している。

田村氏は「金持ち優遇との批判はあるが、これらの施策の使い方 が大きな鍵を握る。100年に1度の危機を迎えている日本経済を下支 えするために積極的に活用すべきだ」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE