アジア株:MSCI指数、反発-最近の下落は行き過ぎとの見方

10日のアジア株式相場は上昇。 最近の株安が行き過ぎとの見方が広がり、MSCIアジア太平洋指数 は前日付けた約5年半ぶり安値から反発した。

欧州最大の銀行、英HSBCホールディングスは香港市場で大幅 高。香港当局はHSBC株が9日の取引で24%と急落したことについ て調査している。原油価格が2カ月ぶり高値となったことから、中国 最大の海洋石油会社、中国海洋石油(Cnooc)も高い。

一方、ソニーと韓国の自動車最大手、ヒュンダイモーターカンパニ ー(現代自動車)は安い。資産家ウォーレン・バフェット氏が米経済 は「がけから転落した」と発言したことが嫌気された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時49分現在、前日比

0.8%高の71.18。前日までの2日間で3.5%下げ、9日は終値ベースで 2003年8月以来の安値となっていた。年初来では21%安。世界的なリ セッション(景気後退)でトヨタ自動車やソニーなど企業の収益が悪 化していることが響いている。

日経平均株価は前日比31円05銭(0.4%)安の7054円98銭で終 了。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net; Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE