ヘッジファンド:世界で今年2万人削減か-業界全体で最悪の14%

企業幹部を対象とした人材紹介 会社オプションズ・グループ(在ニューヨーク)によると、ヘッジフ ァンド業界では今年、世界全体で2万人の人員が削減される可能性が ある。業界全体の労働者数に占める比率は14%で過去最悪。投資損 失や顧客の解約による手数料収入の減少が響いている。

ヘッジファンド業界では既に、昨年1万人の職が失われた。同業 界の雇用者数は2007年の15万5000人がピークになり、その後約14 万5000人にまで減少している。

金融サービス業界を専門に人材あっせんするヒグドン・パートナ ーズ(在ニューヨーク)のマネジングパートナー、ヘンリー・ヒグド ン氏は「採用活動は大幅に縮小しており、悪化しよう」と指摘。「市 場が回復する様子は全く見られない」と述べた。

調査会社ヘッジファンド・リサーチ(在シカゴ)が集計したデー タによれば、業界全体の12%に相当する約920のヘッジファンドが 昨年閉鎖した。単独のマネジャーが運用するファンドが6800残って いるが、その70%は08年の運用成績がマイナス。これらのファンド は損失分を取り戻すまで成功報酬が得られない。成功報酬は通常、投 資利益の20%で、ボーナスの主要原資となる。

ヘッジファンド・リサーチによれば、昨年はヘッジファンド業界 では全体の6.5%の人員が削減され、顧客資産は6月のピーク時から 37%減少の1兆2000億ドル(119兆円)に落ち込んだ。ブルームバ ーグのデータでは、銀行や証券会社は07年半ば以降、業界全体の

5.9%に相当する27万2450万人以上の労働者を解雇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE