NY原油時間外:3日続伸、サウジの4月対日出荷削減などを好感

ニューヨーク原油先物相場はアジ ア時間10日の取引で3日続伸。サウジアラビアが4月のアジア向け原 油供給削減を通告したほか、石油輸出国機構(OPEC)の対米輸出 減を背景に先週の米原油在庫が減少しているとの予想も出た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は一時、 37セント(0.8%)高の47.44ドルを付けた。シンガポール時間午前 11時50分(日本時間午後零時50分)現在、47.15ドルで推移してい る。前日の通常取引は1.55ドル(3.4%)高の47.07ドルで取引を終え た。終値としては1月6日以来の高水準。

サウジからの通告を受け取った3製油業者によると、世界最大の 国営石油会社、サウジ・アラムコは4月の対日出荷を5カ月連続で削 減する。ブルームバーグ・ニュースのアナリスト調査によると、米原 油在庫は先週、50万バレル減少したと予想されている。

ハドソン・キャピタル・エナジーのオプショントレーダー、クラ ーレンス・チュー氏は、「OPECはアジアの顧客に減産していると 言い続けており、本気だ。それが世界の原油供給にも影響し出した」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE