HPなど米2社が印サティヤムの過半数株式取得検討-Eタイムズ

インド紙エコノミック・タイムズ は10日、米ヒューレット・パッカード(HP)と米コンピューター・ サイエンシズがインドのソフトウエアサービス大手サティヤムコンピュ ータサービスの過半数株式の取得を検討していると伝えた。情報源には 言及していない。

HPの広報担当クリスティーナ・シュナイダー氏は電子メールで 配布した文書で、同社はうわさや憶測に関するコメントを控えると述べ た。コンピューター・サイエンシズの広報担当、ジャネット・ヘリン氏 とマイケル・ディカーソン氏に就業時間後に取材を試みたが、コメント は得られていない。

創業者のラマリンガ・ラジュ氏が1月7日、資産を10億ドル水増 ししたと表明したのをきっかけに、サティヤムは現在、不正会計で捜査 の対象となっている。同社は昨日、過半数株式の売却で応札希望者の募 集を開始した。締め切りは12日となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE