富士重:今期純損益を230億円赤字に下方修正-期末配当見送り

トヨタ自動車と資本・業務提携関 係にある富士重工業は10日、取引先向け棚卸資産に損失が発生したと して今期(2009年3月期)の純損益予想を従来の190億円の赤字から 230億円の赤字に修正したと発表した。これに伴い従来未定としていた 期末配当を見送ることもあわせて明らかにした。

今回の業績予想の修正は、米小型航空機メーカーのエクリプス社が 昨年11月25日に連邦破産法第11章の適用を申請し、その後の手続き で同社向け資産の損失発生が見込まれることになり、その見積り額を特 損に計上したもの。このため売上高、営業および経常損益予想は変えて いない。

期末配当の見送りは14年ぶり。これにより年間配当は4円50銭 となり、前年に比べ4円50銭の減配になる。

富士重の株価午前の終値は前日比3円(1.0%)高の314円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE