米ガソリン小売価格:16週連続で2ドル下回る-米エネルギー省

米エネルギー省(DOE)のリポートによる と、米国のガソリン小売価格の平均が16週連続で1ガロン当たり2ドルを下回 った。9日終了週は前週比0.7セント高の1.941ドル。

米国のリセッション(景気後退)が深刻化するなか、ガソリン小売価格は過 去最高値の4.114ドルに達した昨年7月以降、53%下落している。DOEは2月 10日、ガソリン需要が今年、2年連続で減少するとの見通しを示した。DOE は今月10日に3月の月間リポート「短期エネルギー見通し」を発表する予定。

月間リポートの執筆に携わるDOEエネルギー情報局(EIA)のエコノミ スト、ニール・ギャムソン氏は「価格下落により、さらなる需要減退が阻止され る可能性がある」と予想。「現行のガソリン価格が1ガロン当たり4ドルで、失 業率と経済状況が同じなら、需要がさらに大幅に落ち込むのは間違いないだろ う」との見方を示した。

EIAは先月、米国のガソリン需要が2009年に日量10万バレル(0.9%) 減少する可能性があるとの見方を示した。08年は3.4%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE