BNPパリバの山脇氏:4月以降は景況感に沿って金利緩やかに低下

BNPパリバ証券のシニア債券 ストラテジスト、山脇貴史氏は10日、ブルームバーグ テレビジョ ンとのインタビューで、債券相場の見通しについて、以下のようにコ メントした。

今後の相場展開について:

「実際、決算期末に向けた債券での益出し売りも多少出ているが、 1月から3月までの新発10年債利回りの動きをみると、1.25%から

1.35%と極めて狭いレンジで推移している。益出しといっても額自 体は限定的なので、相場を大きく動かす要因にはなりにくい」

「債券相場は3月末まで、値動きに乏しい展開が続くと思う。フ ァンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)を考えれば、金利低下の余 地は十分あるが、株価が下落しており、3月末の決算対策が目先は気 になる。しかし、4月以降は、現在の株価やファンダメンタルズに沿 って、金利は緩やかに低下するとみている。国内投資家も4月に入る ことによって、新たにリスクを取ってくると思う」

きょうの予想レンジ

「新発10年債利回りは1.27%から1.31%程度と1.3%をはさ んだ動きか。債券先物は138円50銭から140円弱あたりで推移する と考えている。10年以下のセクターに関しては値動きが乏しい。超 長期債セクターは、スワップ市場を含めて値動きが少し荒くなってき ている。目先1-2週間は超長期セクターのボラティリティー(変動 率)が若干上昇してくる可能性がある」

--共同取材:曽宮一恵 Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

日本に関するニュ-ス: NI JAPAN NI ASIA 債券に関するニュ-ス: NI GBN NI BON NI JPB NI ASB NI 9751 NI 9701 NI KINRI NI ABONDS 金融市場のニュース : NI JMALL NI JBN NI FRX NI JFRX

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE