英住宅販売:12-2月は少なくとも1978年以降で最低-RICS

英王立公認不動産鑑定士協会(R ICS)が10日発表した英国の2008年12月-09年2月の住宅販 売件数は、リセッション(景気後退)の影響で価格が一段と低下する なか、少なくとも同統計の集計が開始された1978年以降で最低とな った。

RISCによると、不動産業者や鑑定人を対象にした調査で、回 答者1人当たりの平均販売件数は9.5件。住宅価格の指標はマイナス

78.3と、1月のマイナス76.6から低下した。

英住宅連盟(NHF)が10日発表したところによると、リセ ッションが深刻化するなか、今年の同国の住宅新築件数は1921年 以来の低水準となる可能性がある。イングランド銀行は先週、政策金 利を0.5%と、過去最低の水準に引き下げるとともに、銀行のバラ ンスシートを増強し、融資を促進するため、資産の買い取りを開始す る方針を明らかにした。

RICSの広報担当者、ジェレミー・リーフ氏は発表資料で、 「多額の預金を保有する人にとってさえも長くかかる住宅ローンの申 請プロセスが市場の閉塞(へいそく)状態につながっている」と指摘。 「当局による一段の介入がなければ、住宅市場の停滞は続き、新たな 金利を利用する機会も失われかねず、そのことが必然的により広範囲 の経済に深刻な影響を及ぼすだろう」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE