ECBのハーレー氏:アイルランド経済は今年6%のマイナス成長も

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、アイルランド中銀のハーレー総裁は10日の議会証言 で、ユーロ圏経済とアイルランド経済について以下の通り発言した。

◎ユーロ圏経済について:

「当然ながら、経済見通しへの不透明感は依然として非常に高 く、政策委員会は今後もすべての動向を注視していく」

「一部の中銀は、従来と異なる金融政策措置を導入している。公 的機関や民間部門発行の資産の購入がその例だ。ECBは現在、新手の 金融政策措置の可能性について検討している」

◎アイルランド経済について:

「アイルランド経済のパフォーマンスは、全体的な展開の規模や スピードを反映し、顕著に悪化した。経済活動の縮小は著しく深刻化し ている。失業率は急上昇し、財政状況も急速に悪化している。世界的な リセッション(景気後退)が深刻化し、国内需要も前例のない弱さとな るまるなかで、全体的な成長見通しはここ数カ月間も悪化が続いた」

「現在分かっているデータに基づいたわれわれの最新の予想は、今 年が6%のマイナス成長となるというものだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE