オバマ大統領:米国はES細胞研究で主導目指す-政府助成を解禁

【記者:Edwin Chen and Roger Runningen】

3月9日(ブルームバーグ):オバマ米大統領は9日、胚(は い)性幹細胞(ES細胞)研究への政府助成を解禁する大統領令に署 名した。ES細胞研究で米国が主導的な立場に立てるよう、議会に対 しては関連予算の増額を求めた。

大統領はホワイトハウスで、「われわれは有望な研究分野である ES細胞に関する政府助成を解禁する」と述べた上で、「われわれは この研究に携わる科学者を大いに支援する。そしていつの日かもたら される発見で米国が世界を主導することを目指す」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE