東京外為:ドル底堅い展開か、米景気見通し悪化で資金回帰に圧力

東京外国為替市場ではドルが底堅 い展開となりそうだ。米国経済が一段と悪化するとの見通しを背景 に、投資家の資金がドルに回帰する動きが継続する可能性がある。

ドル・円相場は日本の経常赤字転落を背景とした円売りも相まっ て、前日の海外市場で一時1ドル=99円19銭と、2営業日ぶりに99円 台に乗せ、99円ちょうど前後でこの日の東京時間早朝の取引を迎えて いる。

ユーロ・ドル相場は前日の取引で一時1ユーロ=1.2727ドルを付 けたあと、1.2556ドルまでドルが反発。東京市場では1.25ドル台後半 で推移している。

米経済は「がけから転落」

前日の海外市場では、米バークシャー・ハサウェイを率いる有名投 資家のウォーレン・バフェット氏が、米経済は「がけから転落した」と 発言したことを受けて、景気の先行き懸念から米株が反落。外為市場で は、経済指標などの材料が乏しいなか、投資家のリスク許容度低下見通 しを背景としたドルへの資金回帰が連想される格好となった。

この日の米国時間には連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ 議長が、米銀監督システムの改革について講演する予定で、金融市場や 景気の先行き不安が高まるなか、発言の内容が注目されそうだ。

また、日本が13年ぶりの経常赤字に転落したことを背景に円売り 圧力が強まるなか、政局不安や国内指標の悪化を受けて日本からの資 金引き揚げが加速する可能性が警戒されそうだ。

東京時間日中には、1月の特定サービス産業動態統計調査や景気 動向指数が発表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE