米国株:反落、バフェット氏や世銀の景気判断で-ダウ80ドル安

米株式相場は反落。資産家ウォー レン・バフェット氏が米経済は「がけから転落した」と発言。世界銀行 が8日公表した報告書で、今年は世界的にマイナス成長に陥る可能性が 高いと指摘したこともあり、売りが優勢になった。

ヒューレット・パッカード(HP)やデュポン、ベライゾン・コミ ュニケーションズが急落。シェリング・プラウを411億ドル(約4兆 700億円)で買収することで合意したメルクは7.7%下げ、構成する ダウ工業株30種平均を押し下げた。UBSが投資判断を売りに設定し た補完医療保険のアフラックは15%安。

S&P500種株価指数は前週末比1%安の676.53と、終値ベ ースで1996年9月以来の安値を付けた。売り買いが交錯し、一時

1.5%安となったが、1.7%上昇する場面もあった。ダウ工業株30種 平均は79.89ドル(1.2%)下落し、6547.05ドルで終了した。

ルーミス・セイルズ(ミシガン州ブルームフィールドヒルズ)で 資産運用に携わるデービッド・ソワビー氏は「不透明感が市場を支配し ている。S&P500種の底は見えない」と語った。

米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授は9日のインタビュ ーで、S&P500種が今年、600以下に落ち込む可能性が高いと指摘。 メリルリンチのエコノミスト、デービッド・ローゼンバーグ氏は同水準 まで下げ、10月に底入れすると予想した。

HPは5.1%安、化学のデュポンは4.3%下げた。ベライゾンは 4%下落した。

アフラックは15%安。UBSは投資判断を「中立」から「売り」 へ引き下げた。同業他社に比べ、株価に割高感があるとの見方が理由。

薬品業界

メルクはダウ平均の構成銘柄で下落率首位。買収により、すでにシ ェリングと提携しているコレステロール降下剤「ゼティア」と「バイト リン」を完全に手中に収める。シェリング株は14%高。

キャリスのアナリスト、デービッド・モスコウィッツ氏は今回の買 収で業界再編が進む可能性があるとみている。ファイザーは1月に同業 のワイスを約680億ドルで買収することで合意した。9日付のウォー ルストリート・ジャーナル紙によると、ジェネンテックは最大株主であ るスイスの製薬大手ロシュ・ホールディングに467億ドルで身売りす ることで合意に近づいている。

ジェネンテックは2%高、ロシュは3.4%上げた。

景気認識

米保険・投資会社、バークシャー・ハサウェイを率いるウォーレ ン・バフェット氏は9日、米経済専門局CNBCとのインタビューで、 米経済は「がけから転落した」と発言した。また、回復に向けた景気刺 激策の結果、インフレ率が1970年代よりも高くなる可能性があると の見方を示した。

世銀は世界経済が今年、第2次世界大戦後初のマイナス成長となる 可能性が高く、世界貿易は過去80年間で最大の落ち込みとなるとの見 通しを示した。世銀の予測は、国際通貨基金(IMF)が1月に発表し た成長率予想のプラス0.5%よりも悲観的。ただ、世銀は具体的な数 字は明示しなかった。

BB&Tアセット・マネジメントの資産運用担当者、ロン・リムク ス氏は「値動きは引き続き非常に荒いだろう。経済状況という点では何 も良いニュースがない」と指摘した。

バリュー投資

割安な銘柄に投資するバリュー投資の父と称された故ベンジャミ ン・グレアム氏が存命なら、S&P500種が過去1年5カ月で56%の 下落を演じたものの、米株式相場は依然として割高だと言うだろう。

グレアムは株価の評価尺度となる企業収益のひずみを平たん化す るため、10年間の利益を評価に使用した。エール大学のロバート・シ ラー教授によると、この手法に基づくS&P500種の株価収益率(P ER)は現在13.2倍。1929年以降の最も深刻な3回のリセッション (景気後退)の底では、PERは10を下回っており、その水準に達す るにはS&P500種はあと27%下落する必要がある。

1年間の業績や収益見通しを基にした投資手法では株価の継続的な 下落で痛手を被っている。ブルームバーグが集計したデータによると、 S&P500種の過去1年の業績を基にした株価収益率(PER)は1 月7日時点で16.2倍と、少なくとも1998年以降で最低だった。し かし、S&P500種はその後も最大で25%下げ、12年ぶりの安値を 付けた。

金融株は上昇

S&P500種の金融株指数はこの日、2.5%高。前週末に付けた 約17年ぶりの安値(終値ベース)から戻した。2007年2月に付けた 最高値からの下落率は84%と、2000年3月以降のハイテク株の下げ を上回った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)株は19%上昇。構成するダウ 平均で上昇率トップとなった。事情に詳しい関係者はBOAが米連邦預 金保険公社(FDIC)の保証する社債を85億ドル相当発行すること を明らかにした。

アクシオム・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク、運用資産 11億ドル)のリアム・ダルトン最高経営責任者(CEO)は「融資に とって非常に重要な大手の金融機関が社債発行計画を進めることは良い 兆候だ。信用市場が正常に機能すれば、実体経済や市場全体も幾らか安 定できるとの安ど感につながるだろう」と述べた。

7日付の投資週刊紙バロンズは景気がいったん回復すれば、BOA は「強力な業績」を得るとの見解を示した。

ゼネラル・エレクトリック(GE)は5%高。金融部門は米政府の 暫定流動性保証プログラム(TLGP)の下、社債を発行するために銀 行5行と契約した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE