欧州株:3日続落、バフェット氏の景気発言を嫌気-HSBCが安い

欧州株式相場は3営業日連続で下落。 米資産家ウォーレン・バフェット氏が米経済は「がけから転落した」と 発言したことに加え、金融機関の損失が拡大するとの懸念が売りを誘っ た。

英銀HSBCホールディングスは、米部門の融資損失拡大が利益を 圧迫するとの懸念から、3.3%下げた。英プラチナ生産会社ロンミンは

2.5%下落。JPモルガン・チェースが同社の投資判断を引き下げた。

一方、ニューヨーク市場で原油相場が2カ月ぶりの高水準を付けた ことを背景にエネルギー株が上昇し、欧州株価全体の下値は限定的にな った。

ダウ欧州株価指数は前週末比1.55ポイント(1%)安の

157.97で引けた。年初来では20%下げている。

バークレイズ・ウエルスの調査・投資戦略部門の責任者、マイケ ル・ディックス氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンに対 し、「われわれが深いリセッション(景気後退)下にあるのは明らかで、 大半の国で状況は依然として悪化している」と述べた。さらに、株式に 買いを入れる「底がどこにあるかを誰1人として感じ取っていない」と 指摘した。

9日の西欧市場では、18市場中12市場で主要株価指数が下落し た。ダウ・ユーロ50種株価指数は前週末比0.4%安、ダウ欧州50種 株価指数は0.9%下げた。

フォルティス上昇

金融サービス会社フォルティスは21%上昇した。仏銀BNPパリ バがフォルティスのベルギーとルクセンブルクの銀行事業を買収すると ともに、保険部門の株式を取得することで合意したことが背景。

英蘭系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルは2.8%上げた。同業 の英BPは5.9%上昇した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前週末比11.67ポイント(0.3%)高の

3542.40。FTオールシェア指数は2.54ポイント(0.1%)上げ

1791.67。

ドイツのDAX指数は25.62ポイント(0.7%)高の3692.03。 HDAX指数は9.91ポイント(0.5%)上げ1835.20。

フランスのCAC40指数は15.16ポイント(0.6%)下落し

2519.29で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE