ロンドン高級住宅価格、2月は下落ペース鈍化-10カ月で最も緩やか

2月のロンドン高級住宅価格は下 落ペースが鈍化し、過去10カ月で最も緩やかな値下がりとなった。 国外の買い手が市場に戻ってきたことが背景とみられる。

英不動産仲介業者ナイト・フランクの発表によると、ロンドンの 高級住宅街にある100万ポンド(約1億3700万円)超の物件の平均 価格は前月比1.5%下落した。一方、前年同月比では23%下落とな り、同社が集計を開始した1976年以降で最大の落ち込みだった。

ナイト・フランクの住宅物件調査責任者、リアム・ベーリー氏は 発表文で「ロンドン住宅市場では、少なくとも活動が活発化している 兆しが幾分見られる。買い手候補は下落後の新たな価格水準での購入 について真剣だ」と指摘した。

ロンドンでの住宅購入を考える外国人にとって、住宅価格の下落 に加え、ポンドがドルとユーロに対して下落している状況が有利に働 いている。ナイト・フランクによると、1月半ばから2月末にかけて ロンドンの高級物件を見にきたロシア人の数は、昨年11-12月と比 較してほぼ倍増した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE