バフェット氏:米経済は「がけから転落」-米国民の購買行動に変化

米保険・投資会社、バークシャー・ ハサウェイを率いる資産家ウォーレン・バフェット氏は9日、米経済 専門局CNBCとのインタビューで、米経済は「がけから転落した」 と発言した。また、回復に向けた景気刺激策の結果、インフレ率が1970 年代よりも高くなる可能性があるとの見方を示した。

バフェット氏は、米国民が恐怖心や混乱から購買行動を変えてい るとし、これがバークシャー傘下の事業会社の業績に表れていると指 摘。リセッション(景気後退)を脱しても景気がすぐに回復すること はないとの見方を示した。ある程度のインフレは現在、適切だと付け 加えた。

バフェット氏は「現在の政策は強いインフレ要因となり得る」と 述べた。また、経済危機を戦争にたとえ、米議会がオバマ大統領の取 り組みを支持することを呼び掛けた。バフェット氏は、失業率も上昇 すると予想した。具体的な数字は挙げなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE