九九プラス株がストップ高、バリューローソンと合併へ-店舗網拡充

コンビニエンスストア業界中堅の九 九プラス株が前週末比12%高の9万200円とストップ高(制限値幅いっ ぱいの上昇)。同じローソンの子会社、バリューローソンと合併するこ とが決まり、店舗網の拡充や財務強化につながると期待された。

9万200円という株価は、2007年8月以来の高値になる。一方、ロ ーソンの株価は同2.0%安の3960円まで下落した。

ローソンは6日、子会社のバリューローソンと九九プラスの合併を 発表した。合併により、ローソングループの統一ブランド商品の共同開 発や、店舗改装の積極展開などを進める。経営資源を集約して、成長性 の高い生鮮コンビニ業態を早期に確立し、他チェーンとの差別化を図る としている。

九九プラスは他社が撤退した物件を中心に出店を進めてきた。ただ、 空き物件の件数や採算性から首都圏では出店していない空白地域があり、 「バリューローソンの73店舗でこの大半をカバーできる」(九九プラス の経営企画室の岡村章生・広報IR担当部長)という。

この合併は九九プラスを存続会社とし、バリューローソンは解散す る。バリューローソンは合併予定日(5月1日)までに、ローソンを引 き受け先とした31億円の増資を行う予定。このため、「財務基盤が強固 になるバリューローソンとの合併として評価されている」(モーニング スター・調査分析部の鈴木英之シニアアナリスト)。

また、九九プラスが6日発表した2月の既存店売上高は前年同月比

6.3%増と、8カ月連続で前年実績を上回った。足元の業績好調が確認で きたことも株高につながったようだ。

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 浅野 文重  Fumishige Asano +81-3-3201-7137 fasano@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE