ロシアの外貨準備高は年末までに半減も、ルーブル防衛で-RBC

RBCキャピタル・マーケッツは、 ロシアの外貨準備高が年末までにほぼ半減する公算があるとの見方を示 した。国内の景気悪化が続いており、ロシア中央銀行が自国通貨ルーブ ル防衛のため、「緩衝材」として外貨準備を利用せざるを得なくなって いることが理由としている。

新興市場調査担当責任者のニック・シャミー氏(トロント在勤) らRBCのアナリストは、6日付の調査リポートで、ロシア中銀がルー ブルの一段の下落を阻止するため、ドルとユーロの売りを「余儀なくさ れている」ことから、同国の外貨準備高が今年末までに2000億ドル (約19兆7000億円)にまで減少する可能性があると指摘した。ロシ アの外貨準備高は中国、日本に次いで世界3位。

ロシア中銀は5日、同国の外貨・金準備高が2月27日までの1週 間で24億ドル増加し3843億ドルになったと発表。同中銀は、ドルと ユーロから成る通貨バスケットに対し41ルーブルの水準で通貨防衛を 図ると表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE