漆間氏:特定政党言及を否定-予算委で西松事件発言を釈明(3)

漆間巌官房副長官は9日午前の参院 予算委員会で、東京地検特捜部による西松建設の政治献金をめぐる 事件の捜査が自民党議員に波及する可能性はないと思うと発言した と報じられたことについて、「特定の政党や議員について捜査が及ぶ か及ばないか言った記憶はない」と釈明した。鈴木寛氏(民主)への 答弁。

漆間氏は「特定の議員への捜査の帰すうなど捜査の中立性、公平 性を否定するような発言はしていないと考えていたが、真意が伝わら ない形で報道され、多くの方にご迷惑をかける結果を招き、誠に申し 分けない」と語った。検察の捜査情報を事前に把握していたかどうか については「まったくない」と否定した。

麻生太郎首相は午前の同委で、「オフレコの記者懇での発言内容 が誤って報じられた」と報道各社が漆間氏の発言を正確に伝えなかっ たとの認識を示したが、午後になると「副長官の記憶と記者の受け止 め方にずれがあった」と発言を修正。漆間氏本人も午後の定例会見 で、「報道の皆さんの記憶とわたしの記憶の問題のどちらが正しいの かということだろうと思う」と述べた。

漆間氏の発言は、西松事件で民主党の小沢一郎代表の公設秘書 が逮捕された後の5日、共同通信などが報じた。発言の人物名を引用 しないことを条件に一部記者団に語られたため、これに出席した日本 の大手メディア各社は「政府高官」と漆間氏の名前を伏せていた。

その後、河村建夫官房長官が8日朝のフジテレビ番組「新報道 2001」で漆間氏の発言だったことを明らかにした。

9日の共同通信は、漆間氏の発言の要旨を改めて報道。それによ ると、同氏は自民党議員に事件が波及する可能性はないと思う、あの 金額で違法性の認識を出すのは難しい、などと述べたという。

漆間氏の発言をめぐっては自民党内からも反発する声が出てい る。山本一太参院議員は8日の同じテレビ番組で、「本当にそういう言 い方をされたのであれば、極めて不適切な発言で非常に怒りを感じ る」と語った。

河村氏は同番組で、「極めて不適切な発言で厳重に注意した」と 経緯を説明。9日午前の記者会見では、漆間氏を何らかの形で処分 する可能性については「今そういう問題ではないと認識している」と否 定的な考えを示した。漆間氏は9日午後の記者会見で、自身の進退 については「任命権者がわたしに辞めろというなら従うつもりだ」と述 べるにとどめた。

漆間氏は63歳。2004年8月から3年間にわたって警察庁長官を 務めた。昨年9月の麻生内閣発足に伴い、官僚トップの官房副長官 に就任した。

Editor: Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE