ヘッジファンドが金に投資、FRBなど各国中銀の政策を懸念-FT

昨年に銀行株の下落を予想した投資で 利益を出したヘッジファンドが、今度は各国中銀の政策を見越して金を 購入している。英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版)が8日 伝えた。

同紙によれば、ヘッジファンド運営会社、グリーンライト・キャピ タル(ニューヨーク)の創業者デービッド・アインホーン氏らは、米連 邦準備制度理事会(FRB)など各国中銀による世界的な経済危機への 対策を懸念している。金への投資は基本的に、通貨下落に備えた投資だ という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE