米BOA、FDIC保証債85億ドル相当を起債-3本建て

資産額で米銀最大手のバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)は、米連邦預金保険公社(FDIC)保証付き 社債85億ドル(約8400億円)相当を起債した。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたデータで明らかになった。

ブルームバーグのデータによると、BOAが発行した米政府保証債 は、変動利付債40億ドル(2010年9月償還)と25億ドル(12年6 月償還)、固定利付債20億ドル(表面利率2.375%、12年6月償還) の3本建て。

利回りは最初の変動利付債が3カ月物ロンドン銀行間取引金利(L IBOR)に3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せ、 2番目の変動利付債が3カ月物LIBORに20bp上乗せした水準で 発行された。固定利付債の利回りは償還期間が同じ米国債利回りを

102.5bp上回る水準。3カ月物LIBORは現在1.31%。

BOAの広報担当スコット・シルベストリ氏に取材を試みたが、 コメントは得られていない。

FDIC保証債は米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サ ービスから「Aaa」、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)か ら「AAA」と、最高格付けを付与されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE