シューマー米上院議員:金融機関救済の追加拠出、監視強化が条件に

チャールズ・シューマー米上院議員 (民主、ニューヨーク州)は8日、消費者への融資の約束や新たな経営 幹部の報酬制限が計画に盛り込まれない限り、金融機関救済のための追 加拠出に議会は同意しないとの見通しを示した。

シューマー議員はNBC放送の番組「ミート・ザ・プレス」に出演 し、「本当に厳しい監視や経営幹部の報酬制限の大幅な強化がなければ、 見直しはまずないだろう」と述べた。また、働きがないまま得られたボ ーナスを政府が回収できるようにする「クローバック制度」に支持を表 明した。

オバマ米大統領は2月26日に公表した予算教書で、新たな金融支援 で不測の事態に備える費用として、最大7500億ドルの追加拠出を盛り込 んだ。オースザク行政管理予算局(OMB)局長は、オバマ政権は議会 に追加資金を要請する具体的な計画はなく、7500億ドルというのは予算 に余裕を持たせるための数字だと語った。

大統領や大統領の上級顧問らは、昨年10月に議会で承認された7000 億ドルの金融安定化策が金融システムを立て直すには不十分である可能 性を指摘している。

先月議会を通過した景気対策法には、政府支援を受ける金融機関に ついて、経営幹部上位5人の報酬を年間50万ドルに制限することなどが 盛り込まれた。クローバック制度は報酬制限をさらに強化するものとな る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE