今週のNY金先物:続伸か、株式や債券の代替投資需要が拡大へ-調査

ニューヨーク金先物相場は今週、 続伸しそうだ。株式や債券の代替投資先として需要が拡大するとみられ ている。

ブルームバーグが5日と6日に世界のトレーダーや投資家、アナ リストら22人を対象に実施した調査によると、18人が金の買いを推 奨した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場は先週、20セント上昇し、1オンス当たり942.70ドルとなっ た。金の売りを推奨したのは4人だった。

金相場は年初来で6.6%上昇している。一方、リセッション(景 気後退)が深刻化するなか、S&P500種株価指数は24%、米国債は

2.6%、それぞれ下落している。一時は時価総額で世界首位の銀行だっ た米シティグループの過去5四半期の純損失は計375億ドルを超え、 株価は先週、1ドルを下回った。

2月26日と27日に実施した調査では、アナリストの大半が先週 の金相場は上昇するとみており、予想通りの展開となった。過去252 週の調査のうち、金相場がアナリストの予想通りの値動きを示したのは、 150週(60%)となっている。

調査結果:上昇 18人 下落 4人 中立 0人

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE