フォルティス会長:BNPによる銀行部門取得などの合意,株主は承認へ

金融サービス会社フォルティスのジ ョゼフ・ドメイ会長は、BNPパリバによるフォルティスのベルギーお よびルクセンブルクの銀行部門の経営権と、保険事業の一部権益取得で 新たに合意したことについて、フォルティス株主の承認を得られるとの 見解を示した。

同会長は7日の電話会議で「新合意に賛成票を得られるという点で 比較的安心している。2月に株主に提示した計画と比べ、新合意で改善 された点を明確に示せるからだ」と語った。

新合意では、株主が先月否決した案に比べて純資産価値が5億 1000万ユーロ(約635億円)高くなり、キャッシュポジションが約10 億ユーロ増えると同会長は指摘。「これによって将来の発展の可能性を 探りやすくなる」と述べた。

フォルティスの株主の同意が得られれば、BNPパリバは欧州で有 数の1人当たり国内総生産(GDP)の高さを誇るベルギー、ルクセン ブルク両国において預金量で最大の銀行に躍進する。

ベルギー政府の発表によれば、BNPパリバは28億8000万ユーロ 相当の自社株との交換で、ベルギー政府が国有化したフォルティス・バ ンクの株式の75%とルクセンブルクの銀行部門の経営権を獲得する。 さらにBNPパリバの傘下に入るフォルティス・バンクはフォルティス のベルギー保険事業の権益25%を現金13億8000万ユーロで買収する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE