すべての英銀の国有化は不可避ではない-マンデルソン英企業相

【記者:Robert Hutton】

3月8日(ブルームバーグ):マンデルソン英民間企業担当相は8 日、政府は経営難に陥った銀行を完全に国有化しなくても、銀行に影響 力を行使することが可能であることから、英銀行業界全体の国有化は不 可避ではないとの見解を示した。

マンデルソン民間企業相はBBC放送の番組「アンドルー・マー・ ショー」で、すべての英銀の完全国有化は政府の求める水準まで与信を 促進する上で最善の方法かとの問いに答え、すべてを国有化するのは 「必要」でも、「望ましい」ことでも、「不可避」でもないと語った。

英金融大手ロイズ・バンキング・グループは7日、2600億ポンド (約36兆円)相当の高リスク資産に対する保証と引き換えに、実質国 有化を明らかにした。

マンデルソン民間企業相は「現時点で政府が行えるのは、銀行から の株主の排除という最終手段に頼ることなく、銀行とその方向性の見直 しや改革に大きな影響力を行使することだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE