ドイツ銀ラボーニャ氏:米失業率は今年10%に上昇の恐れ-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)は7日、ドイツ銀行の米国担当チーフエコノミスト、 ジョゼフ・ラボーニャ氏の話を引用し、米失業率が今年末までに 10%に達する恐れがあると伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗 英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jim Mcdonald at +81-03-3201-3190 OR jmcdonald8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE