国交省とNAA:成田空港の発着を年25万回に増便へ-日経

7日付の日本経済新聞夕刊は、 国土交通省と成田国際空港会社(NAA)が2010年以降の成田空 港の発着回数を現在と比べ25%増の年25万回にする方向で検討を 始めた、と報じた。2本の滑走路のうち短い方を延長し、年22万 回に増やす従来の計画に加え、新たに運用面の工夫で年3万回を 増便するという。

同紙によると、航空各社の首都圏発着便への需要は強く、今 後は羽田空港とともに「アジアのハブ」空港に向け競争力向上を 目指すという。滑走路延長により大型旅客機が発着可能になるた め、国交省とNAAは、2本の滑走路で発着の両方をこなす現状 から、滑走路を出発と到着に分ける方針とし、地元の合意を前提 に増便を検討すると伝えている。

-- Editor:Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE