米国株(6日):引け際反発、原油高を好感-GE上昇、金融株安い(2)

米株式相場は反発。銀行株とエネ ルギー株が買いを集めた。複合企業ゼネラル・エレクトリック(G E)の金融子会社による資本増強計画や、原油先物の値上がりが好感 された。ダウ工業株30種平均は引け前35分でこの日の安値から150 ドル強上昇した。

GEは6日ぶりに上昇。サンフォード・C・バースティーンとメ リルリンチのアナリストがGEの金融子会社は十分な資金力があるとの 見方を示したのが背景。石油のシェブロンとエクソンモービルはいずれ も上昇した。

USグローバル・インベスターズ(テキサス州サンアントニオ) のシニアトレーダー、マイケル・ナスト氏は「連日、失望する値動き ばかりで、まったくひどかった。明るいムードで一日を終えた事実は 歓迎する」と語った。

ダウ工業株30種平均は前日比32.50ドル(0.5%)上昇し、

6626.94ドルで終了。S&P500種株価指数は前日比0.1%高の683.38。 S&P500種は一時、2.3%安まで売りこまれた。

週間ベースではダウ工業株30種平均は6.2%安。S&P500種は 同7%下落。過去14週間で最大の値下がりだった。

この日のGEは前日比6%高。同社の株価は年初来、59%下落し ている。

エネルギー株

S&P500種エネルギー株価指数は1.5%高。産業別10指数のな かで値上がり率最大だった。この日は一時、1.9%安まで売り込まれる 場面もあった。シェブロンは3.2%上昇、エクソンは2.9%値上がりし た。

朝方発表された2月の米非農業部門雇用者数(事業所調査、季節 調整済み)は前月比65万1000人減少(前月65万5000人減)だった。 市場参加者は雇用マイナス幅のわずかな縮小を手が掛に買いを先行させ た。S&P500種は午前9時45分、2.4%高まで上昇する場面もあった。

ファースト・ソース・インベストメント・アドバイザーズで25億 ドルの資産運用に携わるジェーソン・クーパー氏は「失業率は上限に差 し掛かっているのだろう。このまま横ばいとなるとみている」と語った。

アップル安い

アップルが安い。JPモルガンは同社の携帯電話「iPhone (アイフォーン)」とコンピューター「マッキントッシュ」の販売予想 を引き下げた。JPモルガンは「一段と深刻化する世界的な景気悪化」 を下方修正の理由に挙げた。

MFグローバル・セキュリティーズのアナリスト、パー・リンド バーグ氏(英ロンドン在勤)は「米国のマクロ的な環境が引き続き悪化 する中、テクノロジー銘柄も他社と同様に影響を受けている」と語る。

S&P500種金融株価指数は1.4%安。1992年4月以来の安値に下 げた。保険のハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グルー プは12%安、ゴールドマン・サックス・グループは7.4%下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE