チベットが事実上の戒厳令下に、動乱50周年記念など控え-人権団体

人権団体フリー・チベットによる と、中国はチベット自治区が今月、動乱50周年や昨年の暴動から1年 目を迎えるのを前に、同地区から報道関係者を退去させ、「事実上の戒 厳令」を敷いた。

フリー・チベットは5日の発表資料で複数の目撃者やメディア報 道の情報を引用し、数千人に上る兵士や自警武装集団が今週、チベット 全域に配置されたことを明らかにした。

中国公安当局の報道官はブルームバーグ・ニュースの電話取材に 対しコメントを控えた。3月10日は中国軍の侵攻をきっかけに、チベ ット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がインドに亡命を余儀なくされ たチベット動乱から50周年に当たる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE