F1チーム協会:離脱の可能性示唆、13年以後に別の競技会検討も

自動車レースのF1世界選手権シリ ーズに参戦するチームで構成するF1チーム協会(FOTA)は5日、 F1関連の権利を所有するフォーミュラ・ワン・マネジメント(FO M)が収益の分配を増やすことに同意しない場合、2013年以後にF1 に代わる競技会を検討する可能性があると表明した。

FOTAは、オーナーやスポンサーからの圧力の高まりに対応し、 この日ジュネーブで追加コスト抑制策を発表。同時にF1からの離脱の 可能性を示唆した。

フェラーリ・チームの責任者でFOTAの会長を務めるルカ・デ ィ・モンテゼーモロ氏は「われわれは12年まで彼らとともにとどま る」と述べた上で、「その後は考える」と語った。

ここ数十年で最悪の世界的な自動車不況のなか、自動車メーカーは とりわけ、F1チームを維持する費用を正当化するのが難しくなってい る。ホンダが昨年撤退し、ルノーも今週、分配金に関する条件が改善さ れなければ、撤退する可能性があると警告した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Laurence Frost in Geneva at +33-1-5530-6298 or lfrost4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Elser at +44-20-7673-2284 or at celser@bloomberg.net; Christopher Jasper at +44-20-7673-2755 or cjasper@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE