アジア株:下落、商品相場安や円高を嫌気-BHPやホンダが安い

6日午前のアジア株式相場は3日ぶ りに下落。商品相場の下げが響いたほか、円高で日本の輸出業者の利益 見通しが悪化した。

鉱業世界最大手の豪BHPビリトンは3.1%安。原油や金属の値下 がりを反映した。売上高の半分以上を北米地域が占めるホンダも安い。 米株式市場でシティグループ株が一時1ドルを割り込んだことから、み ずほフィナンシャルグループなど金融株も売られている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時43分時点で、前日 比1.6%安の71.94。日経平均株価の午前終値は同3%安の7204円95 銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE