豪ドルとNZドル、今週は対米ドルで4週目の下落へ-リスクを懸念

6日の外国為替市場では、オースト ラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルが米ドルに対して下落。 週間ベースで4週連続の値下がりとなりそうだ。中国が追加景気対策 を講じるとの観測が後退するなか、米国株が13年ぶり安値に急落し たことが嫌気された。

両通貨は対円でも3日ぶりに下落。税収減を背景にNZの財政赤 字が政府予想を上回ったことが影響した。2008年10-12月(第4四 半期)の豪州経済が市場予想に反してマイナス成長となり、1月の貿 易黒字も予想ほど伸びなかったことで、オーストラリア準備銀行(中 央銀行)が利下げを再開するとの観測が広がった。

モルガン・スタンレーの通貨ストラテジスト、スチュワート・ニ ューナム氏(香港在勤)は5日付調査リポートで「マクロ面でみた豪 州のマイナス傾向が、豪ドルの主要な下げ材料に浮上してくるだろう」 とし、「われわれは豪ドルに対して弱気姿勢を維持しており、年内に1 豪ドル=0.53米ドルに落ち込むと予想している」と指摘した。

豪ドルはシドニー時間午前9時5分(日本時間同7時5分)現在、

0.8%安の1豪ドル=0.6377米ドル。アジア時間前日遅くは0.6429 米ドルだった。対円では2%安の62円63銭。前週末のニューヨーク 時間帯での取引と比べると、対米ドルで0.2%安。一方、対円では週 間ベースで0.2%高。

NZドルは1NZドル=0.4982米ドルと、アジア時間前日の

0.5016米ドルから下落。先週末のニューヨーク時間遅く(0.5008 米ドル)からは0.4%安。対円では1NZドル=48円88銭。前日の 49円90銭、前週末の48円90銭から値下がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE