カナダ・ドル:3日ぶり反落-リスク回避姿勢強まり株・原油安

5日の外国為替市場では、カナダ・ド ルが3日ぶりに反落した。資源国通貨など高リスク資産よりも米ドルや 円など相対的に安全とされる資産を選好する動きが強まった。

RBCキャピタル・マーケッツのチーフ・テクニカルアナリスト、 ジョージ・デービス氏は「株式相場の軟化に伴いカナダ・ドルが下落す るという傾向が続いている」と述べ、「リスク回避が引き続き市場の大き なテーマになっている」と指摘した。

トロント時間午後4時36分(日本時間6日午前6時36分)現在、 カナダ・ドルは前日比1.2%安の1米ドル=1.2890カナダ・ドル(1カ ナダ・ドル=0.7759米ドル)。4日は1.2731カナダ・ドルだった。対 円では、前日比2.4%下落し1カナダ・ドル=76円。

カナダ国債市場では、2年物国債(表面利率2.75%、2010年12月 償還)の利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

0.93%。価格は6セント上昇し103.12カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE