10-12月ユーロ圏GDP改定値:前期比1.5%減-速報値と一致

欧州連合(EU)統計局(ユー ロスタット)が5日発表したユーロ圏の2008年10-12月(第4四 半期)実質GDP(域内総生産)改定値は前期比1.5%減となった。 先月13日公表の速報値と一致した。

同四半期の家計支出や企業投資が少なくとも13年で最大の落ち 込みとなったことを受け、欧州中央銀行(ECB)に対し経済危機へ の取り組み強化を求める圧力が強まりそうだ。

ユーロスタットによれば、企業設備投資は前期比2.7%減、家計 支出は0.9%減と、いずれも統計が開始された1995年以来で最大の 落ち込みとなった。輸出が7.3%、輸入は5.5%それぞれ減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE