米フォード債は上昇、CDSスプレッド低下の公算-債務圧縮計画で

米自動車メーカー大手、フォード・ モーターの社債相場が上昇し、クレジット・デフォルト・スワップ(C DS)による保証コストは低下する公算がある。同社が最大104億ド ル(約1兆350億円)の債務圧縮の計画を示したからだ。

フォードは4日遅くに、89億ドル相当の無担保優先債務の一部に 対し13億ドルを支払う案を示した。一部銘柄については55%の上乗 せを提案した。69億ドル相当の融資債権についても市場価格に比べ最 大52%の上乗せで5億ドルを買い戻す計画を示し、49億ドル相当の転 換社債の株式転換を促す現金支払いも提案した。

フォード債(表面利率7.45%、2031年償還)は8セント余り上昇 し額面1ドルに対し28セントとなった。

CMAデータビジョンによれば、5年物CDSのフォード債保証 コストは、約84%の前払いに加え年5%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE