CDS買いの投資家は破たんが望み、フォードなどの債務再編の障害に

遊園地運営の米シックス・フラッ グスや自動車メーカー、米フォード・モーターは、クレジット・デフ ォルト・スワップ(CDS)取引で利益を狙う投資家のせいで破たん に追い込まれる恐れがある。

例えば、投資家はシックス・フラッグスの社債を額面1ドルに対 し20.5セントで買い、同社債のCDSを71セントで購入すれば、同 社がデフォルト(債務不履行)したときに1ドルの支払いを受けられ る。経費を差し引いても6%の利益が出るとシティグループの高利回 り債ストラテジストらは試算した。

このような投資家は、破たん回避に向けた債務減免や株式への交 換に応じる理由がない。生き残りを賭けた企業の債務再編努力をさら に難しくするとルーミス・セイレスの投資マネジャー、マシュー・イ ーガン氏は指摘。「このごろでは、破たんで利益が得られるCDS保 有者の行動を警戒する必要がある」と話した。

今のところ米3大自動車メーカーの中で唯一、政府による救済を 回避しているフォードも、このような取引をする「ベーシストレーダ ー」によって債務再編を妨げられる恐れがある。4日の規制当局への 届け出によれば、同社は最大104億ドル(約1兆350億円)の社債を 現金で償還、または株式に交換する案を提示している。ドイツ銀行の アナリスト、ロッド・ラッシュ氏はこの案が明らかになる前に、ベー シストレーダーのせいでフォードの社債・株式交換は難航する恐れが あるとの見方を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE