日本株(終了)続伸、景気浮揚期待で機械など中国関連買い-午後減速

東京株式相場は続伸した。きょうか ら中国で全国人民代表大会(全人代)が開幕、景気対策による経済浮揚 期待でコマツや新日本製鉄、商船三井、三菱商事など機械や鉄鋼、海運、 商社といった中国関連株が総じて上げた。ただ午後に入ると、中国株が 下落に転じた影響などもあり、日本株は伸び悩んだ。

みずほ投信投資顧問の柏原延行執行役員は、「国内景気の落ち込み はかなり激しいため、中国向けの輸出増など、ファンダメンタルズ(経 済の基礎的条件)への実際の影響を確認したい。期待だけで相場を張る のは難しい」と話している。

日経平均株価の終値は、前日比142円53銭(2%)高の7433円 49銭。TOPIXは同9.51ポイント(1.3%)高の741.55。東証1 部の騰落状況は、値上がり銘柄数1282、値下がり325。東証業種別33 指数は28業種が上昇、下落は5業種。

日経平均は一時7500円回復

午前の取引では先物に大口の買いが断続的に入り、日経平均は先物 主導で4営業日ぶりに一時7500円を回復した。日本時間きょう10時 ごろから中国・北京で全人代が開幕し、追加景気対策への期待が高まっ た。三菱UFJ投信運用戦略部の石金淳シニアストラテジストは、「中 国は経済成長率8%を保つため、刺激策を積み上げてくるだろう」と予 想。米国景気の回復に時間がかかっても、「中国需要が伸びれば、世界 経済減速の緩衝材になる」という。

中国の温家宝首相は演説で、内需拡大により2009年の経済成長目 標を8%とすることをあらためて表明した。これは、国際通貨基金(I MF)による予想の6.7%成長を上回る。ただ、投資を「大幅に増加」 する方針を表明したものの、規模は明らかにしていない。

東証業種別33指数の上昇率上位には、中国への物流の活発化を期 待して海運、原油需要の拡大期待を背景に鉱業が入った。インフラ工事 需要の拡大観測で建設や鉄鋼、機械、大手商社株の上昇も目立った。

中国株は下げ転換

もっとも、午後に入ると相場は伸び悩み、午後の日経平均の値幅は 80円以下とこう着感を強めた。上昇して始まった中国深セン総合指数 が下落に転じたほか、香港ハンセン指数、韓国総合株価指数などもマイ ナス圏で推移したため、積極的に上値を買う向きは少なかった。

また米国では、週末に重要経済指標である雇用統計の発表を控えて おり、不安感の根強い金融システム問題の行方を見極めようとする動き も日本株の上値を抑えた。シカゴ24時間電子取引システム(GLOB EX)のS&P500種株価指数先物は、基準価格比小安く推移した。

日電波が連騰、金融株一角は下落

個別では、ゴールドマン・サックス証券が「早期黒字化の可能性が 高まった」などと指摘し、目標株価を引き上げた日本電波工業が連騰。 5日付の日本経済新聞朝刊で、08年6月-09年2月期の連結経常利益 が前年同期比45%増になったもようと報じられたウェザーニューズが 急反発した。みずほ証券と合併契約書を締結した新光証券、遊休不動産 の売却により今期決算で特別利益を計上する日立造船、来期上半期の世 界生産台数が今下半期比10%程度増える見通しの日産自動車も高い。

半面、オリックスや武富士などその他金融、三井住友海上グループ ホールディングスなど保険株といった金融株の一角が下落。NTTなど 情報・通信、JR東日本など陸運株といった一部ディフェンシブ株も軟 調だった。

新興3市場は方向感なく

新興3市場は高安まちまちの動き。ジャスダック指数は前日比

0.1%高の39.80。一方、東証マザーズ指数は同0.6%安の291.22、 大証ヘラクレス指数は同0.1%安の436.78。マザーズ指数、ヘラクレ ス指数は午後前半まで上昇していたが、下落に転じて終えた。

個別銘柄の動きを見ると、ランドやアトリウム、サンフロンティア 不動産など新興不動産株の上昇が目立った。また、豊証券からディーリ ングシステムを受注したインタートレードも大幅続伸。半面、3日に四 半期報告書の提出遅延で監理銘柄に指定されたジャパン・デジタル・コ ンテンツ信託は、2日連続のストップ安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE