ジム・ロジャーズ氏:中国の刺激策だけでは世界経済を救済できない

米著名投資家ジム・ロジャーズ氏は 5日、中国の景気刺激策だけでは世界経済を救済することはできない と指摘し、世界的なリセッション(景気後退)の早期終息はないとの 見通しを示した。

中国の温家宝首相は5日、北京で開幕した全国人民代表大会(全 人代、国会に相当)で政府活動報告を行い、2009年の投資を「大幅に 増加」する方針を表明した。ただ、政府が昨年打ち出した4兆元(約 58兆円)の景気刺激策の増額は発表しなかった。

ロジャーズ氏は「世界の問題を中国が解決することはできない」 と指摘。「中国経済は素晴らしく、成長を続けているが、世界経済をは まった穴から救出することはできない」と述べた。

温首相は政府活動報告で、09年の経済成長目標を8%とすること をあらためて表明した。これは約20年ぶりの低成長となる6.7%成長 を予測する国際通貨基金(IMF)よりも楽観的な見方だ。

4日の上海総合指数は前日比6.1%高と、4カ月ぶりの大幅高を 記録。政府が刺激策の規模拡大を発表するとの観測が背景にあった。

ロジャーズ氏は「私は昨年11月以降、中国株を全く売買していな い。株価の下落を待っている。現在の水準で中国株を買うことはない」 と述べた。

-- Editor: Linus Chua, Richard Frost

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-7011 or kchua6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE