サガミチェ株が反落、うどん販売低迷と店舗閉鎖損-3期連続最終赤字

東海地方を中心にめん類の外食チェ ーンを展開するサガミチェーン株が前日比1.6%安の853円と3日ぶり に反落。既存店売上高の低迷が続くとみて、不採算店舗を中心に減損処 理を実施し、今期(2010年1月期)は3期連続の最終赤字と計画した。 本格的な業績回復には時間がかかるとして、売りが優勢になった。

同社が4日発表した今期の連結業績予想によると、純損益は2500 万円の赤字となる見通し。前期は5億5900万円の赤字だった。同社管理 部の長尾秀美部長は「赤字店舗を中心とした減損処理と、店舗閉鎖に伴 う固定資産除却損などで計2億5500万円の特別損失を計上することが 要因」と説明した。

既存店売上高は主軸の「サガミ」が前期比2.8%減と予想。長尾氏 は「昨年10月以降、トヨタ自動車の工場が多い中京地区の既存店が落ち 込んでいる」としながらも、これらが一巡することで、減少率は前期の

3.1%より縮小するとみている。

今期の出店は、「サガミ」よりも価格を抑えた「あいそ家」や「ど んどん庵」など計9店舗を予定。一方、閉店は「サガミ」の7店を計画。

株価は08年前半に1100円を挟んで推移していたが、同年8月の業 績予想の下方修正と減配発表を受けて急落。ことし2月には配当見送り を発表し、最近は800円台で動いている。

-- Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 浅野 文重  Fumishige Asano +81-3-3201-7137 fasano@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE