米ブラックストーン:ドイツ銀から購入のLBO債権評価額をゼロに

世界最大のプライベートエクイテ ィ(未公開株、PE)投資会社、米ブラックストーン・グループは、 ドイツ銀行から昨年買い取った数十億ドル相当の債権の評価額をゼロ に引き下げた。ローン価値の急落に伴う措置で、この決定に詳しい関 係者1人が明らかにした。

ブラックストーンは3日の電話会議で、ファンド出資者に評価額 引き下げを伝えた。関係者は会議が非公開として匿名で語った。一般 株主向けに先週出された資料では、同社はPE資産の評価額を約 20%、不動産の評価額を30%、それぞれ引き下げたと説明していた。

チャーチル・ファイナンシャルのマネジングディレクター、ラン ディ・シュワイマー氏は「昨年春は楽観的だったが、その後市場心理 が劇的に変化した」と指摘。昨年9月のリーマン・ブラザーズ・ホー ルディングス破たんが、さまざまな資産の価格を押し下げたと述べた。

ブラックストーンやアポロ・グローバル・マネジメントなど投資 会社各社は借入資金も利用して、レバレッジド・バイアウト(LBO、 買収先の資産を担保に資金調達する買収)融資債権をドイツ銀やシテ ィグループから割引価格で買い取った。その後、世界信用危機が深刻 化するなか、債権の価値は一段と低下した。

ブラックストーンの担当者は、コメントを控えた。同社によるド イツ銀行関連の資産評価額引き下げについては、英紙フィナンシャ ル・タイムズ(FT)が先に報じていた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 竹内 正子 Masako Takeuchi +81-3-3201-3986 mtakeuchi5@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari Jason Kelly in New York at +1-212-617-2397 or jkelly14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Edelman at +1-617-210-4621 or ledelman3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE